Press "Enter" to skip to content

禁煙補助薬で禁煙

多くの人が禁煙したいと思っているようですが、なかなか実行するのは難しいものですよね。
禁煙には意志や決心を強く持つことが肝心などと言われますが、本当はそれらってあまり関係ないんです。

なぜなら、タバコが吸いたいという欲求が強いのは「病気」だからです。

タバコがやめられないのは病気のせい

実は、タバコがやめられないのは本人の意志や決心が弱いのではなく、タバコに含まれるニコチンの持つ依存性のせいなのです。
カフェインやアルコールも依存性がありますが、ニコチンのそれは非常に強力です。

このニコチンの依存性は麻薬より強いといわれ、喫煙者の70パーセントがニコチン依存症とされています。
依存症は病気ですから、ニコチン依存症も同様で病院で医師の診断を受けて治療する必要があるのです。
病気はいくら強い意志を持っていても治しようがありませんからね。

禁煙治療で禁煙をする未来

近年は健康保険などを使って禁煙治療を受けることが可能です。
禁煙を考えている人は、一度禁煙外来を訪問してはいかがでしょうか。
治療では、医師のアドバイスのもと禁煙補助薬を処方してもらいそれを服用しながら禁煙に取り組みます。
自分の意志だけではなかなか禁煙は難しいので、こういった薬は必須といえます。

禁煙補助薬のひとつに「チャンピックス」があり、これは禁煙によるニコチン切れの症状を軽減する、またタバコを吸いたいという気持ちを抑制する効果があります。

ただ、吐き気や頭痛、上腹部痛、便秘、おなかの張り、不眠といった副作用も見られます。
他にもいくつか副作用と思われる症状もあるので、気になる症状が現れたならすぐに医師に相談しましょう。

また、別の薬でかゆみや発疹といったアレルギー症状が出た人や精神疾患、腎臓の病気の人、妊娠中や授乳中の人、さらに未成年者はまず医師に相談してください。

この薬の飲み方は、まず最初の一週間は喫煙しながら服用します。
そして服用して8日目から禁煙を始めますが、それまでにタバコを吸わなくなったなら早めに禁煙を開始し、計12週間服用を続けます。
薬の量は期間に伴い徐々に増やしていきます。
禁煙できたと考えても途中で服用を中止せずに医師の指示通りに服用を続けることが大切です。

なお、チャンピックスは医師の処方箋がなければ手に入れることができません。
禁煙を望むのであれば、まず禁煙外来を受けることをおススメします。