Press "Enter" to skip to content

禁煙治療のスケジュール

タバコがやめられないのはタバコの中に含まれるニコチンという成分に強い依存性があるからです。
ニコチンの依存性は麻薬よりも強力とされているほどで、喫煙者の70パーセントがニコチン依存者です。
したがって、タバコがやめられない原因はあなたの意志の弱さではなくニコチンの持つ依存性にあるというわけです。

健康保険で治療を受けるために

喫煙習慣を持つ人のほとんどは「ニコチン依存症」であり、それは治療の必要な病気です。
病気になると病院に行って医師に診てもらいますが、ニコチン依存症も同じです。
病気は意志の力だけで治せるものではなく、禁煙も同様です。

医師と二人三脚で禁煙に取り組むことが成功への近道なのです。
現在では、健康保険を使って禁煙治療を受けることができます。

ただ、健康保険が適用されるためには以下の4点に当てはまる必要があります。

・ニコチン依存症診断テストで5点以上
・1日の平均喫煙本数とこれまでの喫煙年数を掛けた値が200以上
・いますぐに禁煙したい
・禁煙治療を受けることに文章で同意している

これらがすべて満たされれば健康保険を使った禁煙治療の開始となります。

アドバイスと薬

治療は12週間で5回の診察が基本です。
初回の診察ではまず、健康保険が適用されるかのチェックを受け、OKなら医師のアドバイスや禁煙補助薬の選定を行います。
通院スケジュールとしては、初回診察を受けた2週間後に2回目の診察、4週間後に3回目、8週間後に4回目、そして12週間後に最終診察を受けます。

毎回の診察で禁煙補助薬の処方を受けたり、息に含まれるタバコの中の有害物質である一酸化炭素の濃度をチェックしたりします。
中には、途中で禁煙に失敗する人もいるでしょう。

そんなときでもその状況に応じて医師のアドバイスを受けることができるので、必ず最後まで受診することが肝心です。
禁煙治療終了時で80パーセント近い人たちが少なくとも4週間の禁煙に成功しており、治療を中断せずに最後まで治療に通った人のほうが禁煙継続率が高いというデータもあります。

禁煙補助薬のひとつに「チャンピックス」があります。

この薬を服用することで禁煙時のニコチン切れの症状を抑え、また禁煙中に一服してしまったときの「おいしさ」を感じなくさせることができます。

禁煙は自分の意思だけでは難しい病気なので、こういった薬の手助けは非常に有効です。