Press "Enter" to skip to content

禁煙治療で禁煙に取り組もう

最近は病院で「禁煙治療」を受けることができます。
タバコに含まれるニコチンによる依存症は麻薬よりも強力といわれていますから、いざ禁煙をしようと思ってもなかなか一人では難しいのが実情でしょう。
したがって、病院で医師の指導のもとで禁煙治療を受けるのが有効と思われます。

禁煙治療が受けられる条件

禁煙治療は健康保険を使うことができますから、経済的負担も少なくて済みます。
1日に一箱以上タバコを吸う人なら、治療に掛かる経費のほうが安く済むくらいですよ。
ただし、健康保険などが適用されるには、以下の点を満たしていなければなりません。

・ニコチン依存症診断テストで5点以上
・1日の平均喫煙本数とこれまでの喫煙年数を掛けた値が200以上
・いますぐに禁煙したい
・禁煙治療を受けることに文章で同意している

禁煙治療の流れ

健康保険などを使って禁煙治療を行った場合、受診する施設や医師によって異なりますが最初の診察で実施されるのはだいたい下記の流れとなります。
まず、ニコチン依存症かどうかのチェックを行ないます。
これは保険が適用できるかの確認ですね。
つぎに、あなたの息の中にタバコに含まれる有害物質である一酸化炭素がどれくらい含まれているかの測定をします。
そして、意思と相談しながら、禁煙の開始日を決めて「禁煙宣言書」にサインをします。
さらに、現在のあなたの健康状態や過去の喫煙・禁煙歴を医師と確認します。
最後に、数種類ある禁煙のための補助薬のそれぞれの特徴と使い方の説明を受け、あなたに適した薬を選択します。

チャンピックスの役割

禁煙補助薬のひとつに「チャンピックス」があります。
タバコを吸うと脳の中のニコチン受容体という部分にニコチンが結合します。
すると、ドーパミンという物質が放出されるのですが、このドーパミンが快感を生じさせることからタバコを吸うと気分がよく感じるのです。

チャンピックスの働きはこの受容体に結合してニコチンよりも少ない量のドーパミンを放出することで、ニコチン切れの症状を緩和させてくれるのです。

さらに、禁煙中にタバコを吸ってしまったときでも、ニコチンが受容体に結合するのを阻害して「おいしい」と感じさせにくくすることで、禁煙を助けてくれる効果もあります。

服用方法にはきちんとスケジュールが決まっているので、しっかりと医師の指導に従って服用するようにしましょう。