Press "Enter" to skip to content

禁煙するといろいろなメリットがある

タバコは百害あって一利なしといわれますが、これは真実です。

タバコの害

タバコの煙の中には多くの有害物質が含まれており、それらの中には発がん性物質も多いのです。
喫煙というと肺がんを思い浮かべる人はたくさんいますが、その他にも喉頭がんや咽頭がん、喉頭がん、食道がん、肺がん、胃がん、すい臓がん、膀胱がん、子宮頸がんなど全身のありとあらゆる場所のがんを引き起こす危険性があります。
さらに、心筋梗塞や脳卒中、狭心症などの命に係わる病気になる確率もアップしますし、その他様々な病気への罹患率が高くなることもわかっています。
病気になりやすくなるだけでなく、寿命が10年短くなるともいわれます。
喫煙する本人だけでなく周りの人の健康も損ないます。
喫煙者の夫を持つ妻は、肺がんのリスクが約2倍になるというデータもあり、その割合は夫の喫煙本数が増えるに応じて高くなっています。

禁煙のメリット

それに対して、禁煙をすればこういった状況が少なくなるばかりかさまざまなメリットがあります。
咳や痰が止まったり、味覚や嗅覚が戻ることで食事がおいしくできます。
睡眠の質が改選されることで朝の目覚めがよくなり、口臭が少なくなる、女性なら肌のハリやツヤがでてきます。
金銭面でもメリットが大きく、1日に一箱吸う人なら1ヵ月で1万円以上、1年なら15万円ほどが節約できます。

禁煙治療を受けよう

近年は社会全体で禁煙を奨励する動きにあり、病院で禁煙治療を受ける禁煙外来を受ける人もたくさんいます。
禁煙治療には健康保険などが適用されることがほとんどなので、経済的負担も少なくて済みます。
治療は12週間行なうのが基本で、掛かる費用は健康保険を適用した自己負担3割でだいたい13,000~20,000円なので、タバコ代よりも安くつきますよ。

禁煙治療は医師のアドバイスのもと、禁煙補助薬を用いるので効果的に禁煙が可能となります。
禁煙補助薬には身体にニコチンを吸収させながら行なうパッチタイプのものとニコチンを用いない飲み薬がありますが、どちらの薬を使用するかは医師との相談によって決めます。

後者には「チャンピックス」という薬があり、これはニコチン切れの禁断症状を抑えたり、タバコを吸ってもおいしく感じさせないなどの働きがあります。
チャンピックスの使用に際しては効果的な服用法があるので、必ず医師の指示に従うようにしてください。