Press "Enter" to skip to content

ニコチン依存が原因

アメリカでも以前から喫煙の有害性が叫ばれており、喫煙者はタバコは有害であると知っていながら禁煙できないのは自分をコントロールできない無能力者であるという考え方がありました。
そのために、喫煙者は会社において出世の道から外されるといった事態も起こっていたようです。

病院で治療しよう

しかし、タバコがやめられないのは本人の意志の弱さではなく、タバコに含まれるニコチンの強力な依存性が原因です。
喫煙者の70パーセントはニコチン依存症であり、ニコチンの依存性は麻薬よりも強いとさえいわれるほどで治療が必要な病気なのです。
病気は意志の力だけで治せるものではありませんから、病院で医師の診断を受けて治療薬を用いることで禁煙の成功率は高まるとされています。
近年は病院での禁煙治療の際に一定の要件を満たせば健康保険が適用されるので、経済的負担が少なくて済みます。
1日に一箱タバコをする人なら、禁煙治療に掛かる費用は治療期間中に吸うと仮定するタバコ代よりも安くなるはずです。
禁煙治療では、医師のアドバイスを受けながら行ないます。
その際には禁煙補助薬を処方してもら得るので、それを服用すれば禁煙の成功率が高まることが期待できます。

貼り薬と飲み薬

禁煙補助薬は、貼り薬とニコチンを含まない飲み薬の2つが主なものです。
貼り薬はいわゆる「パッチ」といわれるもので、皮膚からニコチンを取ることで徐々にニコチンの摂取量を減らしていくという方法です。
ニコチンを含まない飲み薬のひとつに「チャンピックス」があります。
タバコを吸うと脳の中のニコチン受容体という部分にニコチンが結合してドーパミンという物質が放出されるのですが、このドーパミンが快感を生じさせるのでタバコを吸うと気分がよくなるのです。
チャンピックスはこの受容体に結合してニコチンよりも少ない量のドーパミンを放出します。
つまり、タバコを吸わなくてもドーパミンが出るのでニコチン切れの症状を緩和させてくれるというわけです。
さらに禁煙中にタバコを吸ってしまうことがあるかもしれませんが、そんなときでもニコチンが受容体に結合するのを邪魔して「おいしい」と感じさせにくくするので禁煙を助けてくれます。

成功率は80パーセント

禁煙治療を終了した時点で少なくとも4週間の禁煙に成功した人は約80パーセントというデータがあります。
また、治療を中断せずに最後まで行ったほうが禁煙継続率が高いのはもちろんです。
4週間禁煙ができたのなら、その後もタバコを吸いたいという気持ちは薄れているはずですよね。